雪を泳ぐ鯨

同じ船に乗りたいと思った。いくつか客室があってもいい。

違う部屋で過ごして、ただ同じ目的地へと向かう。

同じ空の下では、思想だけでは足りませんか。

 

刺激に対する慣れは感覚器官の麻痺や劣化。死んでしまった人。

 黙って、悪いことをしようと思った。いっそ復讐だと。

 

隠し切れない心について。独白めいた遺書を音読できるか。

音楽を言葉をぼんやりと内側に流し込むだけで歳を取ってしまう。

苦し紛れに書き残すのは端の端の、痛くない部分だけ。

 

美しい人に憧れた。心についての話をもっと聞いていたいと思った。

目を合わせなくても、知ることができてうれしかった。

誰とも、どこへも行けない。

 

誰にもこれ以上近づかないように、迷惑をかけないように、どうせ死ぬんだから死んだときに生じる感情の量を少しでも減らそうと。

心がけていた頃のほうがよっぽど美しかったのだろう。妄信だとして、結果として。

 

躓いたこと誰にも気づかれなくて恥ずかしかった。

忘れてしまわれているであろうこと、誰かの傷になってしまったこと、人の心の中にあること。失われてしまいたいこと。

 

心だけでは。

必要のない言葉をこねくりまわすことで、本当から遠ざかろうとしている。隠したいものはなにか。触れたくないものはなにか。それでも触れたいものはなにか。

 

愛しいと思う。それすら嘘だと知っている。私はどうすればいい。

 

心を振りかざしてひどいことばかりしてきた。

広告を非表示にする