読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7.

決定的に足りないのは想像力だ。血を流さないとひとつも分からない、痛みもいずれ忘れてしまう。

誰かと話しながら笑いながら、死にたいって言葉ばかりが頭の中を廻る。

昔のように真に迫った希死念慮はなく、言葉だけが先にたつ。なにもないことを認めたくないから、言い訳みたいに僅かばかりの死にたさにしがみつく。

情けなくて恥ずかしくて、自分を辞めたい。それを死にたいと言い換えた。

 

同じことばかりでうんざりしている。変わる気も起こらない、理由も失った。 

こんな私にやさしくしてくれる人に顔向けできないな。

 

もう嫌だよ。この気持ちは本当だよ。